手ごろな価格のプロ仕様ヘキサコプター「ALIGN M690L」

一般的にドローンやマルチコプターと呼ばれている機体は4枚のプロペラを備えたクアッドコプターが多いのですが今回は6枚のプロペラで飛行するヘキサコプター「ALIGN M690L」をご紹介したいと思います。

m690l

出典:http://www.align.com.tw/en/

プロペラが6枚のヘキサコプターやプロペラが8枚のオクトコプターなどはプロ仕様のドローンとして用いられる事が多いのですが、その大きな原因はもし6つのモーターの内のひとつが停止しても急降下するような墜落を免れる事ができるとされている安全性の高さだと言われています。また、一般的に重量が大きくプロペラの多い大きなドローンは風の影響をうけにくくなっているので、その事も空撮のプロがヘキサコプターやオクトコプターを選ぶ原因のひとつとなっているようです。

「ALIGN M690L」は幅が約90cm、高さが約45cmとホビー用のドローンと比較するとかなり大きな機体となっていますが、持ち運びの際はモーターアームを3つずつにまとめ、プロペラも内側に固定する事ができるなどできるだけコンパクトにする工夫がなされています。

m690l_3

写真を見ると機体を支える大きな足は撮影の邪魔になりそうな印象を受けますがこの二本の足は飛行中は上に持ち上げカメラによる撮影の邪魔にならないような構造になっており、バッテリーを含めると約5.5kgの重量を持ち上げる事ができる為、重さのある一眼レフなど各種プロ用のカメラを大型のジンバルと共に搭載する事によって高度な撮影を行う事も可能です。

m690l_4その他の「ALIGN M690L」の特徴としてはバッテリーをのぞいても3.4kgというやや重い機体であるにも関わらず、カメラを搭載しても6S 22.2V 5200mAhのバッテリーで10分前後のフライトが可能である事や高い負荷にも耐える事ができるカーボン炭素素材で出来ている事などがあげられ、比較的、シンプルな構造がメンテナンス性を高めています。

また、開発元のALIGN社は大型のラジコンヘリにおいては世界的に有名な企業であり、そのALIGN社が満を持して発表したマルチコプターであるという事もその性能の高さを証明していると言えるでしょう。

これだけの性能を誇っている「ALIGN M690L」ですが価格は電子機器の付属されたスーパーコンボで226,000円と低めに抑えられており、プロ以外の方でも買い求めやすい価格となっています。(飛行するにはプロポやバッテリー、充電器が必要となり、空撮をするにはジンバルやカメラなども別に購入する必要があります)

ドローンを購入したけど、その画質に満足できないという方や安全性の高い安定したドローンが欲しいと考えている方にはおすすめできる商品となっているのではないでしょうか。

※追記 2015年の5月30日にこの「ALIGN M690L」を購入しましたので詳細が気になった方は「Align」のカテゴリをご覧ください。

(Visited 1,084 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る