屋内向けのドローン

今回は屋内での飛行に向いているGPSに頼らなくても安定した飛行ができるドローンをご紹介していきたいと思います。

一般的にDJI社のPhantom2などはGPSが利用できない屋内では初心者が安定した飛行を行う事は難しいとされています。これは私も実際に試して実感しており、この結果を受けて個人的にも屋内向けのドローンを一台購入しようと考えた事から色々と調べてみました。

hubsan_x4_hd出典:http://www.hubsan.com/

まず、価格が安く手軽に購入できる商品としては「Hubsan X4 HD」などがあげられます。この商品は一万円以下で購入する事ができ、そこそこの画質での空撮が可能です。また、機体が手のひらサイズで軽くて持ち運びやすく通信距離も40メートルと純粋に空撮を体験するという用途には十分なもので特に屋内での使用であれば、この通信距離は殆ど問題ないレベルだと言えるのではないでしょうか。低価格である為、流石にカメラの性能は良いとはあまり言えませんが価格から考えるとお買い得な商品だと言えるでしょう。

 

inspire1出典:http://www.dji.com/

次に個人的にも前々から気になっている商品でもあるミドルクラスモデルの「DJI inspire 1」もGPSとは別に多くのセンサーがついている事から屋内でも安定した飛行ができる事で知られています。また、4K画質での撮影が可能で機体の性能も屋内での撮影には十分すぎる程のものだと言えます。「DJI inspire 1」の唯一の問題点としては約40万円という価格にあると思われます。これは機能から考えれば当然とも言える価格なのですが屋内飛行だけを考えた場合、高額であると言わざる負えません。しかし、高画質での安定した屋内撮影においては大活躍しそうな機体です。

 

parrot_berop_drone

最後に先日、日本での発売が発表されたパロット社の「Bebop Drone」をご紹介したいと思います。パロット社は有名なAR Droneを発売した事でも知られており、ドローン界のアップルとも呼ばれている会社ですが、AR Droneの後継機であり、AR Droneに比べ内臓のコンピュータが8倍に強化され様々な機能がグレードアップしているのがこの「Bebop Drone」です。「Bebop Drone」は約400gと非常に軽量でありながら1400万画素の静止画とフルハイビジョンでの動画の撮影ができ、安全性をとても重要視しているという点からも屋内飛行に向いている機体だと言えます。また、これまでは日本国内では並行輸入品などが販売されているのみでしたが日本での正式な発売が決まり現在、予約を受け付けている状態となっています。価格は税抜きで70,900円とHubsan X4シリーズなどと比べるとやや高額ですが商品説明を読んでとても価値のある商品だと感じたので私は既に予約済みです。

今回は以上の3機種を屋内向けのドローンとしてご紹介しました。ここではあまり細かい説明はしていませんので、もし気になる商品があれば公式サイトや販売されているサイトなどで詳しい情報を確認される事をお勧めします。

(Visited 217 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る