Phantom2 VIsion+の通信距離

018ce1cca6b42df今回はPhantom2 VIsion+の通信距離について書いていきたいと思います。

家の近くに田んぼや畑ばかりという場所があり、そこを使用すれば墜落してもあまり被害がでないという強みを活かしてPhantom2 VIsion+の通信距離がどの程度のものなのか試してみました。

スペック表ではコントローラーもスマートフォンを利用したモニターなどを使用する為のレンジエクステンダーも通信可能距離は共に500mとなっていますが、実際にはモニターの表示は100mを超えた辺りからたまに切断されるケースがでてくるようです。もちろん、このテストはスペック表に条件として表記されている「開放的な地域」でのテストです。

しかし、距離が300mを超えても機体を操作するコントローラーの通信には特に異常は見られず、通常どおり操作する事ができる為、目視などで確認できるのであれば特に問題ありません。また、モニターに通信が切断されたという表記がでても機体は安定している為、慌てず通信が回復するまで待てば特に問題はないようです。

今回のテストでは操作ができなくなる所まで進む予定でしたがモニターの表示で400m位の距離になると機体が凄く小さく見えるので目視で確認する事が難しく、モニターの通信も不安定になる為、予期せぬ事態が起きるのではないかと思い500mまで距離をとる事ができませんでした。

通常の使用では500mも離れた場所を飛ばす事は殆どないと思われる事から、Phantom2 VIsion+の性能は十分であるとも言えますがスペック表を完全に信用して500m近い距離をモニターを使用して飛行しようと考えられている方は100mを超えた辺りからモニターの通信はたまに切れる事があるという事を理解しておいた方が良いかもしれません。

(Visited 164 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る