3Dプリンターでプリントする準備とソフトの使い方について「Creality 3D CR-10S」

今回は3Dプリンターに3Dデータを読み込ませてる方法とそれを使って実際にプリントする準備についてご紹介していきたいと思います。

まず、3Dデータを用意する所から始まるのですがこれについてはインターネット上にサンプルデータが沢山ありますので「3Dプリンタ データ」等のキーワードで検索すればデータの共有サイトが出てきます。

そうしてダウンロードしたデータを展開すると「files」というフォルダがありますのでその中を確認すると拡張子が「.stl」になっているファイルがあると思います。

そのファイルを今回使用する「Ultimaker Cura」上で開くと以下のような画面が出ると思います。

上記の画像の右側の表示を見るとわかりますがデフォルトではプリントセットアップの部分は「推奨」となっています。(フィラメントの部分は使用するフィラメントに合わせてください。ここでは最も手軽なPLAに設定しています)

この推奨のモードは「レイヤーの高さ」「プリントスピード」「インフィル」「サポートの生成」「ビルドプレートの接着」といった簡単な項目しか設定できませんが、シンプルな形になっているので初心者でも使いやすいのが特徴です。

ところが実際に市販のフィラメントを使って「推奨」でそのままプリントしてみるとあまりうまくいきません。原因としては推奨の設定項目にはない印刷温度が足りなかったりビルドプレートに接着出来ずにフィラメントがズレてしまったりと様々です。

こちらが「カスタム」の場合のメニューです。設定できる項目が大幅に増え、様々なフィラメントや出力する造形に対応する事ができるようになります。設定に関してもインターネット上で様々な情報が流れていますが最終的にはご自分で様々な設定を試行錯誤し、そのフィラメントに最適の設定を見付けるのが良いと思います。

データを読み込み、設定が完了しましたら右下にある「準備する」を押して出力用のスライスデータを作ります。ゲージが増えていきますのでこれが右端までたまったら出力用ファイルの完成です。ファイルが完成するとおおよそのプリントにかかる時間とフィラメントの量が左側に表示されます。

後はファイルをSDカードに保存する訳ですがPCに予めmicroSDカードを差しておけば「リムーバブルドライブに保存」というボタンに変化しますのでそれを押すだけで直接microSDカードの方に記録されて簡単です。記録が終わった後も「取り出す」のボタンが出現し、安全に取り外す事が出来ます。

PCからmicroSDカードを取り外したら3Dプリンタのコントロールボックスの右側にあるmicroSDカードスロットに差し込んで印刷の準備は完了です。

ここからは3Dプリンタ上での作業となりますので次回、またご紹介したいと思います。

次回もよろしくお願いします。

(Visited 18 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る