週刊スカイライダードローンの40号を作る

予定通り、約2週間ぶりの投稿です。今回は本日配送されてきた週刊スカイライダードローンの40号と41号の内の40号の組み立て作業を行っていきたいと思います。

IMG_2881

梱包用の袋はお馴染みの緑色のビニール袋でした。今回の2冊も両方とも薄いようです。

IMG_2883

40号の表紙は草原がバックになったものです。

IMG_2885

40号の中身です。リアアームカバーやアームロアカバー、ビスやEリング、モーターワッシャーなどがはいっています。しかし、今回はこれらの部品は一切使いません。

配布の都合上、仕方のない事だとは思いますがパーツが配布されてそのまま保存というのはやはり変な感じがします。

さて今回の作業は組み立て中のロアフレームのケーブルをマスキングテープで綺麗にまとめるという作業です。この作業には配線を分かりやすくするという事以外にもカバーを被せた際にケーブルを挟まないようにするなどの意味があります。

IMG_2888

上記の写真のようにESCとロアフレームの間のスペースにケーブルをまとめてマスキングテープで固定していきます。モーターアームを水平に固定したまま作業を行う場合はモーターアームが垂れ下った状態でもケーブルが引っ張られて外れる事がないようにやや余裕を持たせる事を意識する必要があります。

IMG_2890

同じように左側もESCとロアフレームの間にケーブルをまとめていきます。

IMG_2891

両方を固定するとこのような状態になります。今号のステップバイステップによると今回は前方のケーブルの固定しか行わないようです。後方のケーブルの固定は右後方のESCなどを固定した後に一緒に行うものと思われます。

今回の組み立て作業はこれで終了です。組み立てと言うより下準備と言った感じでしたね。

次回の投稿は明日、行う予定です。

それでは次回も宜しくお願いします。

(Visited 65 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る