週刊スカイライダードローンの37号を作る

今回は昨日の「週刊スカイライダードローンの36号を作る」に続いて37号の組み立て作業を進めていきたいと思います。

IMG_2686

37号の表紙は山が背景になったものです。

IMG_2695

37号の中身です。厚みは段ボール3枚分、赤いLEDテストユニットとLEDインジケーターケーブルが中央の段ボールがくりぬかれた部分に入っています。

IMG_2719

今回使用するパーツは上記の写真のLEDテストユニットと組み立て中のロアフレームです。LEDインジケーターケーブルは使用しません。

IMG_2720

まず、ロアフレーム後部にあるLEDテストユニットをはめ込む二つの爪と突起の場所を確認します。この時、邪魔になりそうなケーブルは予めどかしておきます。

IMG_2721

場所が確認できたらLEDテストユニットをはめ込んでいきます。この時、先にテールピースをはめ込んでおき、三色のケーブルが挟み込まれないように注意しながら上に引き上げLEDテストユニットをカチッというまで押し込んで固定します。

IMG_2723

LEDテストユニットを固定した後はモーターアームからでているLED用ケーブルをLEDテストユニットの4つのソケットに差し込んでいきます。この時、ケーブルを差し込むソケットは左後方のものはLEDテストユニットの左後方、左前方のケーブルはLEDテストユニットの左前方とそれぞれ同じ位置関係にあるソケットに差し込み、上記の写真のような形にしていきます。

これで37号の組み立て作業は完了です。赤い基盤はテストユニットと書かれているので本番環境でこの装置を使用するのかは不明ですがこれだけしっかりとしたものなので、そのまま使用するのではないかなと個人的には考えています。

次回の投稿は二週間後になる予定です。

それでは次回も宜しくお願いします。

(Visited 69 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る