週刊スカイライダードローンの34号を作る

今回は本日、届いた週刊スカイライダードローンの34号と35号のうち、34号の方の組み立て作業を行っていきたいと思います。

IMG_2597

今回の梱包は茶色の大きな紙袋でした。梱包が紙袋の場合は付属されているパーツに厚みがある場合が多いのですが34号の中に大型のパーツであるアッパーフレームが含まれている事から今回の梱包は予想できましたね。

IMG_2599

表紙は大きなつり橋の写真がバックになったものです。このような場所もドローンを飛行させるのには向いていると言えそうです。

IMG_2603

34号の中身です。アッパーフレームが大きく、縦幅いっぱいに配置されています。

IMG_2604

アッパーフレームは両端の上辺にある厚紙を上に引き出す事で簡単に取り出す事ができました。

IMG_2605

今回の組み立て作業で使用するのは今号に付属されていたアッパーフレームと組み立て中のロアフレームだけです。固定はしないので今号に付属されていた12本のビスは使用しません。

ロアフレームに取り付けられているモーターアームを水平位置で固定し、ケーブルの挟み込みなどに注意しながらロアフレームにはめ込みます。

IMG_2607

問題なくアッパーフレームを固定する事ができたら今回の作業は終了です。あとはアッパーフレームを取り外して保管してください。

IMG_2609

ちなみにアッパーフレームをはめると全体がこのような状態になります。左右のキャノピー?がかなり薄いので内部の精密機器が守れるか不安でしたがアッパーフレームを中に入れるとかなり強度が増した感じがしますね。

次回の組み立て作業の投稿は明日、行う予定です。

それでは次回も宜しくお願いします。

(Visited 73 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る