小型の高性能ドローン「Micro Drone 3.0」について

今回はクラウドファインディングサイト「indiegogo」などで話題となった小型の高性能ドローン「Micro Drone 3.0」について書いていきたいと思います。

drone5

一部の情報ではPhantomシリーズの機能をギュッと手のひらサイズに小型化したものだと考えていいだろうと書かれていたので小型で125ドルという価格であるにも関わらずそこまでの機能を持っているのかと思い、詳しいスペックを確認してみましたが、どうやらPhantomとはかなり用途の異なる商品のようです。

まず、通信距離がかなり短いです。スマートフォンなどの端末を用いて15m、専用のコントローラーで90mと書かれているのでPhantomのような使い方で空撮用として用いるドローンだとは考えられません。また、動画の画質についても720×1280HDの30fpsとの事なのでカメラの性能的にはホビー用のドローンだと思われます。

次に風速20mの強風の中でも安定して飛行できるとありますがこれもあまり真に受けない方が良いと思います。というのもドローンは基本的に機体が重くパワーが強いものの方が風の影響を受けにくいからです。Micro Drone 3.0はGPSなどの人工衛星を用いる機能がなくBebop Droneよりも小型の機体であるようなので特殊な技術を使ったからと言って強い風の中でBebop Drone以上の安定飛行が簡単にできるというのはにわかには信じられません。

プロモーション映像を見る限りでは小型で扱いやすいそうなドローンと言う印象を受けたのでドローンの入門機やセルフィー用として購入するのが良いような気がします。

まだ発売されていない商品なので性能については断言できませんが一部の記事ではかなり過大評価されているようなので今回このような記事を書いてみました。

ご購入を考えている方の参考になれば幸いです。

(Visited 188 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る