パロットが新たにMinidronesシリーズの商品を発表しました。

今回はAR DroneやBebopdrone、ローリングスパイダーなどで知られているパロット社から新たにMinidronesシリーズの商品が発表されたのでその事について書いていきたいと思います。

minidronesパロットのMinidronesシリーズは空を飛べるローリングスパイダーや陸上を走りジャンプする事ができるジャンピングスーモなどがありましたが、今回あらたに水上を進む事ができるHydrofoil Droneが加わった事によって陸海空の全てのドローンが揃った事になります。

発表されたドローンはHydrofoil Drone、Airborne Night Drone、Airborne Cargo Drone、Jumping Night Drone、Jumping Race Droneの5つですが今回は上記のメインの広告画像の中でも中心を飾っているHydrofoil Droneをとりあげてみたいと思います。まずは下記の公式のプロモーション映像をご覧ください。

[youtube id=”8aK2eS2ciPE” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”640″]

この動画を見ると分かる通りHydrofoil Droneは船の上にドローンを設置し、プロペラを回して機体を浮かせて縦にする事によって操作するというものになっています。このような独創的で遊び心のある発想はさすがパロットだなと感じました。

操作はスマートフォンなどの端末で行い操作している映像を見る限りでは操作方法もかなりシンプルなものとなっているようです。また、左右への方向転換もドローンのプロペラで動いているとは思えない程スムーズで船の左右に補助があるので簡単に転覆するという心配もなさそうです。

今回の発表でパロットはホビー用ドローンを扱う会社という立ち位置を更に固めていくんだという意志が感じられました。これからも手軽に遊べて誰でも楽しめるパロットの商品に期待しましょう!

(Visited 89 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る