Bebop Drone(ビーバップドローン)の水没後の経過について

今回は昨日、水田の中で水没したBebop Droneのその後の経過について書いていきたいと思います。

丸一日の自然乾燥で完ぺきに乾いたようなので恐る恐るバッテリーをつないでみると右後方のモーターから少し煙が・・・見た目では全く分からなかったのですがどうやら何かが挟まっていてショートしてしまったようです。

その後、煙がおさまったので電源を入れてみると後方のランプは緑点滅し電源は通常通りONの状態になりました。しかし、その後のモーターチェックと思われる4つのモーターが順番に動く動作の時に先ほど煙が出たモーターがやや変な動きをした後、後方のランプが赤点滅状態になりました。

IMG_1888

状況を確認する為にスマートフォンのアプリと機体を接続してみると画面にモーターのエラーが表示されたので指示通り、設定の「エンジン状態」でモーターの状態を確認。すると右後方のモーターが「単相エンジンの故障」となっていました。その後、何度か再起動してみましたが状況は改善されず。

IMG_1883IMG_1884

エンジン情報では右後方のモーターのみが故障で電源をつないだ際も他のモーターからは煙のようなものは出なかったのでどうやら右後方のモーターだけが壊れたようです。修理用のモーターは別売りで販売されていますが必ず4つセットになっており大体17000円位のようです。

起動の際に必ずモーターをチェックし、異常がある場合はこのような分かりやすい形で表示するというBebopDrone仕組みは素晴らしいですね。

公式サイトでも修理の方法が動画で紹介されているので自分で修理しても問題ないようなのですが今はそんな時間も気力もないのでとりあえず保留にする事にしました。

後日、モーターの修理を行った際はその様子などを投稿したいと考えています。

※2015年6月24日追記 水没したバッテリーは十分に乾かした後、充電を行ってみましたが充電ランプが赤点滅になるので壊れているようです。また、機体に異常が起こって水没するまで映像が本体の内部メモリに残っていたので少し編集したものを以下に掲載しておきます。水没直前で障害物に当たった訳でもないのに異常な動きをして墜落しているのが分かるかと思います。

[youtube id=”Oi5r9PsgSU8″ align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”640″]

(Visited 355 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

    • max100
    • 2015年 6月 22日

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    同機種を持っているので毎回非常に参考になっております。
    今回は災難でしたが、更新を心待ちにしております。
    TAKAWARIと言うサイトでbebop droneで検索しましと
    モーターはイタリアamazonが最安値で約-6000で1万円程度でした。
    釈迦に説法かとは存じますがご参考まで。

      • sengoku
      • 2015年 6月 23日

      コメントありがとうごさいます。

      接触以外での墜落は未経験だったので水の上であるという事を全く気にしていなかったのが被害を広げる原因になってしまったようです。
      ご紹介いただいたTAKAWARIと言う比較サイトについては存在を全く知りませんでした。今後、参考にさせていただきます。

      最近、少し立て込んできているので少し余裕ができた時にモーターの交換も行っていきたいと考えています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る