Bebop Droneのスカイコントローラーの単体販売が公式サイトで開始されました。

以前、Bebop Droneのスカイコントローラーが単体で販売されるとの発表がありましたが、どうやら公式サイトの方では既に単体販売が開始されているようです。

skycontroller

先日、Bebop Droneで使用されているアプリ「FreeFlight3」のバージョンアップがあった事からもうすぐ販売されるだろうとは感じていましたが、まさかこんなに早く販売が開始されるとは思いませんでした。しかも、販売価格は499.99ドルとの事なので日本円に直しても6万円程度と個人的に予想していた額を少し下回っています。(海外では機体の価格も499.99ドルなので妥当な価格なのかもしれません)

しかし、日本国内ではまだ発売日が公表されていない(一部の情報では7月中旬)ようなので国内版に関してはもう少し待つ必要がありそうです。また、ごく一部の店舗のぞいては予約の受付などもまだ行われていないようです。

現在、公式サイトの方では黄色のスカイコントローラーのみ売り切れの状態のようですが、スカイコントローラーを単体で購入する場合は必ずしも本体と同じ色を選択する必要がないという事も醍醐味のひとつかもしれませんね。

私が持っているBebop Droneの機体の色は黄色ですが折角、別に購入するので黄色ではないスカイコントローラーを買おうかなと考えています。

私はクレジットカードなどを使って海外から直接購入するような形は考えていないので少し割高でも国内での販売開始を待つ予定です。

(Visited 379 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

    • TaG
    • 2015年 6月 30日

    国内発売のスカイコントローラーは、バッテリー2個と充電器ひとつが付いて7万円前後になるとのことです。京商様よりイベントでお聞きしました。自分も本体のみの購入だったので、発売されたら購入しようかと検討しています。

      • sengoku
      • 2015年 6月 30日

      バッテリー2個付きですか!
      個人的にはバッテリーは1個だと思っていたのでそれは有難いです。情報ありがとうございます。
      スマートフォンだと細かい操作とかも難しいですよね。購入してからスカイコントローラーはあった方がいいなと痛感しました。

    • max100
    • 2015年 7月 01日

    スカイコントローラーアップデート方法をParrotサポセンに質問したのですが、、、
    6/26時点でのご回答では下記の通りでした。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    お問い合わせいただきましたアップデートの件については
    こちらにまだ情報がございません。
    恐れ入りますが弊社Webサイト及びYoutubeチャンネル等を
    ご参照いただきますようお願い申し上げます。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    と言うことで、自力でやってみましたのでご参考まで。
    下記のParrptサポートページを翻訳し、分かりやすくしてみました。

    Skycontrolle(スカイコントローラー) アップデート方法

    Bebop drone、Skycontroller、タブレットを接続し、FreeFlight 3からバージョン番号を確認して下さい。(Skycontroller設定ページ⇒バージョン番号例:フライトパラメータ ソフトウェア 1.2.3)

    注意:アップデートプロセスの間は、Skycontrollerのジョイスティックなどに絶対に触れないでください。

    【PCでの作業】
    1. USBフラッシュドライブを準備しコンピュータと接続して下さい。そのUSBフラッシュドライブのフォーマット形式がNTFSではなくFAT32で、他にplfファイルが保存されていないことを確認して下さい。USBフラッシュドライブをFAT32にフォーマットする方法はコンピュータによりそれぞれですが、マイコンピューター⇒USBフラッシュドライブ(リムーバブルディスク)を右クリック、プロパティからフォーマット形式を選択できます。
    2. Parrotサポート⇒ソフトウェアアップデート(http://www.parrot.com/jp/support/parrot-skycontroller/)で赤枠のアップデート・ファイルをダウンロードして下さい。.plfファイルは、Skycontrollerにインストールするために必要なアップデート・ファイルです。※.pdfファイルと混同しないで下さい。
    3. ダウンロードしたアップデート・ファイルをUSBフラッシュドライブに保存して下さい。その際、アップデート・ファイルをディレクトリに保存したり(フォルダを作らない)、またファイル名を変更しないでください。
    【Skycontrollerでの作業】
    4. Skycontrollerは電源を切った状態にして下さい。
    5. HDMIケーブルを使用しSkycontrollerをモニターやテレビと接続するとアップデート・ファイルインストールステータスを見ることができます。(必須ではありません。)
    6. アップデートファイルを保存したUSBフラッシュドライブをSkycontrollerのUSB差し込み口に差し込んでください。
    7. Skycontrollerの電源を入れて下さい。 アップデート・ファイルのインストールは自動的に始まります。モニターと接続している場合にはステータスが表示されます。
    8. Skycontrollerが自動的に再起動するまでお待ちください。(5分~10分)モニターと接続している場合には、終了するとFreeFlight 3オープニング動画が表示されます。FreeFlight 3からバージョン番号を確認して下さい。

    バージョン番号1.3.8のアップデートにより、モード1⇔2の変更(コマンド設定)が可能。自己責任ですが押し間違えしやすい緊急停止ボタンの無効化もできます。他、磁気センサーのキャリブレーションもできるようになります。

      • sengoku
      • 2015年 7月 01日

      詳細な情報ありがとうございます。

      私も日本でスカイコントローラーの販売が開始された際にはスカイコントローラーを購入する予定なのでアップデートが出来ていなかった場合は参考にさせていただきますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る