米軍の特殊部隊がテストしている超小型ドローン「Black Hornets」

今回は米軍の特殊部隊が偵察用としての使用を想定している重さ18グラムの超軽量ドローン「Black Hornets(スズメバチ)」をご紹介したいと思います。

85singo

出典:http://www.proxdynamics.com/home

Black Hornetsは長さ10cmの手のひらに軽く収まる非常に小さなドローンですが通信距離は1.6km、飛行時間は25分と約1.3kgのPhantom3と殆ど同じスペックになっています。また、偵察用の機体として実用向けに作られた事からカメラに関しては3つも装備しており、防水で静音、風速10m程度の風にも対応するなど一般に販売されているドローンとは一線を画した性能を持っているようです。

[youtube id=”OmE0m-5RVNg” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”640″]

また、Black Hornetsが記録した映像のデータなどは機体には残らないなど軍事用に作られた事をうかがわせるような仕様になっています。

しかし、これだけの性能を持っているとなると軍事だけでなく災害時などに使用する可能性もあるかもしれません。Black Hornetsは機体が非常に軽いので安全性も高いですしね。

操作については手動操作の他、GPSを用いた自動飛行にも対応しています。価格は公表されていないようですが軍事用として開発されたものなのでビックリするような価格なのでしょうね。

価格は別問題にしてもこれだけの性能を持っている機体は悪用の危険性を感じるので一般に出回らないように注意して欲しいなと個人的には感じました。

(Visited 190 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る