コントローラーを使用しない自動追尾ドローン「Lily」

今回は2016年2月に発売予定とまだ半年以上も販売が先になる機種でありながら既に色々なメディアでとりあげられ話題となっている超人気ドローン「Lily」について書いていきたいと思います。

lily_1

以下の公式動画を見るとよく分かりますが「Lily」は機体を操作する為のコントローラーがなく自動追尾のみで動作するドローンでモーターの始動方法は空中に投げるだけという非常にユニークなものとなっています。

[youtube id=”4vGcH0Bk3hg” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”640″]

lily_4Lilyはトラックキングデバイスを持つだけで自動で追尾をしてくれる非常に便利なドローンですが欠点がない訳ではなく、障害物を感知して避ける事ができず最高速度も時速40kmとあまりスピードはでません。その為、障害物の多い場所での使用や自動車やバイクなどのスピードの速い乗り物を追うのにはあまり向いていないと言えそうです。

Lilyの機体は一辺の長さが26.1cm、重量は1.3kgと持ち運びにも便利なサイズとなっており、Lilyを使用する為に必要なトラックキングデバイスも直径6cmと非常にコンパクトです。機体の下面についているカメラは動画をフルハイビジョンの60フレームで撮影可能、静止画の撮影は1200万画素です。また、自動追尾に関しても追尾方法を設定できるようになっており、自分の前を飛行、自分の後ろを飛行、自分の周りを回りながら飛行の三種類から選択する事ができます。

現在、Lilyは公式サイトで6月15日までの期間限定で499ドルで購入予約を行う事ができ、日本への送料も30ドルと非常に買い求めやすい価格となっています。

公式サイトを確認される方はこちらをクリックしてください。

入手可能となるまでにはまだしばらく時間がかかりますが安価で自動追尾での撮影ができるLilyは新しいドローンユーザーの層を開拓してくれる貴重な存在となってくれる事でしょう。

(Visited 90 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る